2017年 04月 08日 ( 1 )

報告

なるべく気にしないように気にしないように過ごした1週間。

ガンセンターからの電話はありませんでした(^o^)v

ギリギリの7日目にあるかも!!って思ったけど無かったです\(^o^)/

良かった!後1年経過観察すれば、取り敢えず完治とみなされます。

その後は、希望によって検査など受けられます。

今回はひとまず良かった!と喜ぼうと思います(*^^*)



皆さま、もし体で気になる事があるとしたら、、、いやいや、私は元気だけが

取り柄だから!と言われる方も、1度は検査など受けてみてください(*^^*)



私は40歳になったら受けられる市の検診を受けました。その時既に左胸は

パンパンに腫れて色も変わっていました。その状態で検診を受けると、医師は

『これはガンではなく、乳腺が炎症を起こしているのだと思いますので、後日

別の病院で検査を受けてみてください』と言われました。その言葉を真に受けて

しばらく放置し近所の病院に行きました。検診から2ヶ月程が経過していて、

症状は変わりなく腫れたままでした。問診票で”ガンの告知を希望しますか?”と

あり、はいと答えました。

触診のあとエコー検査等を受けている間に医者はガンだと言い『腫れの大きさで

既に全身に散らばっていると思われるので、余命宣告もあり得る』みたいな事を

言いました。でも細胞の検査結果が出るのは1週間後だと言うことでしたので、

1週間もモヤモヤしながら過ごすのは嫌だったので専門のガンセンターを勝手に

受診しました。


ガンセンターでも同じ検査が行われやはり細胞の検査結果が出る前にガンですね

と言われましたが前出の病院の医者とは違う言い方で『一緒に頑張りましょう!

まずはお薬で小さくしていきましょう!』ととても明るく言って下さりガンだと

いう事実は変わらないけれど気持ちは明らかに違いました。私が勝手に受診した

事を話すと紹介状をもらってきて下さいと言われ、前出の病院に1週間後に行き

事情を話してその後ガンセンターで診ていただきました。


まず最初に受けた治験の抗がん剤治療が効き術前にはガン細胞がどこにあるのか

分からない位になっていてもう手術は良いのでは?と思いましたがそうもいかず

手術を受けました。取り敢えず温存を選び綺麗に縫って頂き満足していました。

術後退院して帰宅して数日後また左胸が腫れてきて、ん?これはなんだ?って触

ったら、ピューーーーッと黄色い液体が沢山出てきて、メッチャ臭くて、、、

なんと!縫った隙間からバイ菌が入り中で化膿していたようです。慌てて病院に

連絡し、寒い1月1ヶ月間毎日消毒に通いつめ、ようやく治りました。が、、、

せっかく綺麗に縫って頂いたのに、ベコベコに凹んでしまい乳房の形がイビツに

なってしまいました。こんな事なら全摘にして乳房形成してもらえば良かったな

何て思いました。あと時期を忘れましたが、幹部から一番近いリンパ節も取った

せいでリンパ液が行き場を失い脇に溜まり一気にドバッと出てきて再縫合。。。

そのせいもありリンパ流しがうまくいかなくてリンパ浮腫になってしまい、今も

少し左腕は太いです(>_<)その後は念の為の放射線治療も受け退院後はホルモン剤

の投与を半年続けて、後は血液検査やPET-CT等を10年間。。。やっとここまで

来ました。この間に再発や転移が無かった事をとても嬉しく思います。

後1年、無事に過ごせます様に。



ガンの事がクリアしてもガン以降に出てきた生活習慣病達が我も我もと落ち着き

がなく、そちらの悪化が今は大変気になる日々です。


持病の後縦靭帯骨化症もだましだましの日々ですが今のところは何とか生活出来

ているので慌てて手術にはならないと思います。。。でも、いつどのように変化

するかは全く予想がつかないのが怖いです(>_<)


いつもじっと椅子に座っているせいで、股関節や膝関節も固まりつつあり、年を

取るってこういう事なのかなぁ?って思ったり、いやいやまだそんな年では無い

だろう!もっと自分で努力しないと!!って思ったり。。。



いやぁ~、長々とお付き合いありがとうございました。

病気っていつどんな風に現れるかは、誰にも分からないから前もって元気な内に

検診を受けるのが良いと思います。検診の結果が全てではないですし、鵜呑みに

してはいけないとも思いますが、しないよりきっと良いと思います。

胃ガン・子宮(けいがん、たいがん)が去年受けられて無いので今年はそれも受け

ようと思います。ドックより手軽な検診をまずは利用しましょう!


(*^^*)
[PR]

by tasukeai-maki | 2017-04-08 17:37 | 雑談 | Comments(11)